ニュース一覧

注目の低コスト住宅

内観

ローコスト、超ローコスト住宅とは

注文住宅でも分譲住宅でも最近ではローコスト住宅や超ローコスト住宅と呼ばれる住宅が存在します。ローコスト住宅とは30坪程度の住宅で1,000万円台の建築費用で購入できる住宅、坪単価でいうと30万円台から40万円台前半の間で購入できる住宅のことを言います。更に超ローコスト住宅とは30坪程度で1,000万円を切る価格で購入できる住宅のことを言います。こうした住宅は十数年程度の間に登場した住宅といえます。 こうした住宅を提供している会社の多くはハウスビルダーやハウスメーカーなどある程度規格化された商品を販売している建築会社です。もちろん会社によってなぜローコストが実現できているのかは異なります。施主にとってメリットのあるものであればよいですが必ずしもそうとは限らないので単に価格だけで購入を決めるのは注意が必要です。

なぜ低価格が実現できるのか

世の中が不況で住宅にかけるお金を少しでも安く、でもマイホームは欲しいという人に人気の住宅です。規格住宅である場合や注文住宅である場合など建築会社によって異なります。注文住宅である場合も設計事務所で建築されるものとは少し異なり会社によりあらかじめある程度規格化された中から選択するという形式が多いのです。とはいえその選択できるバリエーションは建築会社によっては数十種類とかなり豊富にある場合もあるのです。 ローコスト住宅を提供している建築会社を選択する場合にはなぜローコストが実現しているのかをしっかり説明を求めることが必要です。きちんと納得のいく説明がしてもら得なければその会社での購入は注意が必要です。会社の利益を少なくしている、良い材料を大量仕入れしているなど会社の企業努力で低価格が提供できている会社もあります。一方で粗悪品や三流品を使用して原価を抑えている会社も存在します。しっかりと説明を求め見極めることが重要です。

PICK UP