ニュース一覧

ローンが払えない

室内

任意売却を検討する際に知っておきたいポイント

任意売却は任意売買という言葉でも使われます。意味は同じです。任意売却とは例えば住宅ローンの支払いがまだ残っている状態で、不慮の事態など様々な理由により住宅ローンの支払いが困難になってしまった場合に売却の手続きを行うことを指します。売却をする際にはローン手続きを行った金融機関の同意のもとに行います。任意売却を考えるタイミングとしては、支払いが滞ってから3ヶ月から6ヶ月あたりで期限の利益喪失となった状態で行います。ですので、ローンの支払いがされている状況では任意売却はできないことになっています。ですのでもしも検討するにあたってはしばらくの猶予期間は存在しますので、その間に賃貸住宅などの物件探しを決めておきあるていどの準備が整ってから売却を行うとよいといえます。

平均的な価格の相場及び競売について

任意売却においての売却価格の相場については土地の地域や場所などに左右され、また債権者の判断による場合が非常に多いです。もしも任意売却をするタイミングが遅れてしまった場合不動産は競売にかけられることになります。しかしそれは債権者にとって実は競売はあまり好ましいこととはいえません。仮に所有していた不動産が競売になった場合については落札価格が一般市場価格の6割から多くても7割程度の値段になってしまう場合が多く、債権者にとってもできれば敬遠したいことでもあるためです。また、競売になった場合ローンを借りた側にとっては近所などからマイナス面で見られやすくその結果精神的苦痛を受ける場合があります。ですので、任意売却はお金を借りた側と貸す側両方にメリットがあることになります。

PICK UP