ニュース一覧

契約の形

模型

契約方法には種類がある

賃貸借契約を締結するときには、期間を決めてから契約を行います。 原則として、賃貸借契約は期間契約であるため2年という単位で契約を行うことが普通です。 契約をそのまま継続して行うためには契約の更新をするか、再契約をするかのどちらかを選択しなくてはいけません。 このときに大切になるのが、賃貸借契約の契約書にきちんと更新が可能かどうかが明記されているかどうかなのです。 仮に、更新における明記が存在しない場合には再契約をしなくてはいけません。 賃貸借契約を再契約という形で継続すると、更新の場合と異なって余計な費用を支払わなくてはいけません。 更新の場合は更新料だけで良いのですが、再契約の場合には再契約料が必要になるため契約書は確認しておかなくてはいけません。

前もって別の特約をつけておく

賃貸借契約を更新するときには、昔からトラブルになることが多かったのが事実です。 例えば、契約の更新をしたいと思っていてもオーナーがそれを許可しなかったときにはすぐにでも部屋を出て行かなくてはいけません。 契約の更新期間が切れていない場合にそのようなことをすれば不当な退去ですが、切れた場合には不当退去にはならないのです。 そのため、このような状況にならないように昔から契約の更新に関しては特約を付記してもらうことが一般的なのです。 現在では、期間契約によって必ずその期間が過ぎれば契約が解除されることになってしまうためそうならないようにしなくてはいけません。 これは法律によって決められていることであるため、契約の際の話し合いで特約をつけてもらうことで安全に賃貸が出来るのです。

PICK UP