ニュース一覧

事務所による違い

ウーマン

住宅を設計する設計事務所の選び方

設計事務所で住宅を建築してもらう場合ハウスメーカーや工務店で住宅を建築する場合とは少し異なり設計事務所に別途料金を支払い更に施工会社にも費用を支払って住宅を建築する必要があるのです。 設計事務所といってもどのような資格を持って事務所を開いているかも確認する必要があります。一般的に家族で暮らす住宅の規模であれば二級建築士でも設計できる場合もあります。ビルや大きな建物になると一級建築士の資格が必要になります。こうした資格と都道府県から得た事務所の許可証があるかを確認する必要があります。更に設計事務所は任意で賠償責任保険という保険に加入することができます。この保険は設計事務所の設計ミスなどの瑕疵があった場合の損害を補償してくれる保険です。

事務所の違いによる完成住宅の特徴とは

設計事務所で建築する場合この事務所を選択することが難しいのです。もちろん知人が経営していたり知っている人がいる場合は別ですがどのような事務所を選択するか、さらにはどの建築士に依頼するかによっても設計される住宅は大きく変わります。事務所によって得意としているデザインがあったり得意としている材料があったりするのです。ですからその事務所が過去にどのような住宅を建築しているのかを教えてもらうことでどのような雰囲気の住宅を得意としているのかを判断することができるのです。 設計事務所は一般的に建築費の何パーセントという形で設計料を支払います。もちろん事前に契約をして設計を行うのですが最終的に費用を支払うのは住宅が完成した際というケースが多いのです。このパーセンテージも事務所によって異なるので事前に質問し明確にしておくことで後々トラブルを防ぐことができるのです。

PICK UP